子ども応援フリーマガジン

先日取材を受け、情報交流館を子ども応援フリーマガジン「realize~リアライズ」に掲載いただきました。こちらの情報誌は子どもを中心とした若い人向け、もちろん大人も十分楽しめる内容になっていて、盛岡近隣地域へ無料配布されているものです。

今回のテーマは「音楽特集」ということで、情報交流館で毎週行っている「サタスト」の可能性を中心に、音楽スタジオや紫波町図書館楽譜コーナー、子育て応援センターしわっせなどが掲載されています。

取材を受けたのは、当館スタッフのマツモト秀人(元STGMメンバー)。彼が考えるサタストのコンセプトや出演者の募集など、とても詳しくご紹介いただきました。このフリーマガジンは、紫波町図書館内に置いているほか、盛岡市内のお店などで見ることができます。 by yassy

5きげんTV

テレビ岩手が平日に毎日放送している、地元の方なら誰もが存じているはずの

「5きげんTV」に、本日オガールプラザの産直紫波マルシェが生放送で紹介され、

情報交流館ではその模様をスクリーンにて、緊急生公開。

 

放送の影響なのか、10分もしない内に週末のような賑わいに変わっていました。

やはり人気TVの影響はすごいものがあります。

 

明日もタイムセールを開催しているようで、何でも大根180→50円、

紫波ポークハンバーグ200→100円(1日100個限定)、カツオが500円→250円、

イカ200円→100円にと、大変お買い得になってるようなので、気になった方は

ぜひ産直マルシェへ!以上、情報交流館よりお伝えしました。

マツモト秀人

 

 

サタストinOGAL紫波 8回目

 

 

「サタストinOGAL」

入場無料の室内版の路上ライブ、音響も良く、快適な空間、場所を提供。後はご自由に。コンセプトはあるようでない。僕が東京の高円寺に住んでいた時の話、高円寺や代々木公園は、週末になれば誰が主催したわけでもなく、多ジャンルの人がアーケードに集まり各々が、迷い燻り、情熱、感動、愛、様々な思いをそれぞれが叫ぶ。表現する場所に。絶えずアーティストが世代交代をして、その場所で「自然に」やり続けて来たからこそ、やる側も、聴く側のレベルも上がっていったのだと私は思います。

と言うことでサタスト8回目!!~今週のエンターティナーは~

 

1 IZUMI

(いつもはピアノ弾き語りですが、今回は振り付け&最後には大迫ワインのCM曲を生披露していました) 

 

2 SHUSYU~byShumi taid~

(新しい試み。本人も、観る方も新しい試みでした。書いた絵を見て、楽器を使い即興で気持ちを表現。しかしハプニングがあり、ソロの予定が一変本家のバンドボーカルがラスト1曲を締めくくってくれました。)

 

3 さくら吹奏楽団

(クラリネット サックス フルートでの交代での出演、一人一人のステージにかける想いがとても伝わって感動致しました。演奏が始まり空気をガラッと変えてたのが印象深いです。) 

来週の告知は追ってこちらのblogと、HPの方で告知致しますので要チェックです。

マツモト秀人

 

 

ものづくり&DIY

女性層を中心に手づくり品や健康グッズの販売・講座を行うことが全国的、いや世界的なブームになっていると言われています。ここ情報交流館においても、そういった利用が増えてきていて、ものすごいパワーを感じています。

少しご紹介しますと、上の写真は手づくりパッチワーク教室の「ことことこっとん」さんの様子。手慣れた感じで実に繊細な作品が出来上がっていきます。定期的な講座をアトリエや小スタで開催していますので、日程などは当館までご確認ください。

こちらは今日開催している「夏こそ体をあっためようフェア」です。ハーブティーやアロマ、耳つぼマッサージ、手づくりナプキン販売、健康ジュース販売などなどメニューも盛りだくさん。町内の女性グループネットワークによる開催です。本日午後2時までとなっていますので、お早めにおいでください。 by yassy

種をまく人

オガールプラザは綺麗な施設だという声をたくさんもらいます。

個人的に見ても、清潔感があり、館内、広場共にキレイだと感じます。

開館してまだ1年だからというのもあるかもしれませんが、やはり、

清掃さんの力が大きい事は確かでしょう。

 

画像にあるように、、、

「カフェから図書館を通り、居酒屋を抜けてマルシェまで」のロングなロードを、

まるでゴッホの「種をまく人」のように、、日々黙々淡々と丁寧に、汗を拭って、

オガールプラザ全体(情報交流館のスタジオ全て)の清掃していただいております。

この場を借りて、日々、、、ご苦労様です。   マツモト秀人

 

 

 

避難訓練と全国大会

本日もいろいろとありました。

上の写真。オガールプラザ全体で開館前の早朝から避難訓練が行われ、全テナントさんが参加。あらためて自主防災の重要性を感じました。今後も来館される皆さまに安全にご利用いただくことができるよう、努めて参りたいと思います。

下の写真は、大スタジオと1F交流ステージで開催された全国町村下水道推進協議会支部長会議の様子です。全国ということで、北海道から九州までほぼ全ての都道府県から支部長(町村首長)さんにご来町をいただきました。視察や研修など県内外からたくさんの方々にお越しいただいているオガールプラザ。とてもありがたいことだと思います。 by yassy

コーディネート

こんにちは。さて、階段を上ってる途中に見えてきますスペースの

コーディネートがガラっと変わりました(前回、今回ともに受付後藤さんによる作品)

1枚目の画像にある自転車は図書館の本を見ながら作ったそうです。

2枚目にあるドラムも組み立てて作ったそうです。もうこれは、、、

素晴らしいとしかいいようがありませんね。さすがです。

 

そして、受付で育てています熱帯魚。の赤ちゃん。。

生まれました!!現在は3匹。小さくて、かわいいですよ。成長が非常に楽しみであります。

こちらも合わせてご覧になってはいかがでしょうか。

マツモト秀人

 

ウォーミングアップ!

PBSがあった朝、オガール広場は町長寿健康課が主催するウォーキングに参加する人でいっぱいになっていました。目的地の古館方面までは結構距離がありますので、皆さん入念です。

こういった広場の使い方、何かの集合場所・・・理想的だと思います。雨降らなくてよかったですね。 by yassy

PBS Vol.5

1 stibneite  2 PINK TAIL  3 Janxxx  4 Line  5 ENTER  6 Shumi taid

合計6組のバンドにより開催されたPBS Vol.5。

紫波町情報交流館 2F 大スタジオにて行われました。

 

次回の詳細はまだ決まっていませんが、企画&主催者でもあるShumi taid曰く

また行うそうです。こちらでも告知いたしますので要チェックです。

 

来週の土曜日からはサタストが通常通り始まります。

情報交流館にはいつも音楽が鳴っています。そのきっかけとなっているのがやはりyassy。

この人無くして考えるならば、大スタジオ、音楽スタジオ、今回のPBSもなかったはず。

紫波町にあるとても素晴らしい施設だなと昨日改めて、客観的に感じたマツモトでした。

byマツモト秀人

 

 

 

 

明日の準備万端

明日6月29日(土)は、定期的に開催されているロックコンサート「PBS」の日です。高校生から一般まで6バンドが大スタジオで競演!この日のために各バンドさん音楽スタジオで一生懸命練習しておりました。紫波で唯一思いっきりバンド演奏ができる箱、情報交流館。入場料は500円と格安です。

自主企画しているShumiTaidさんは、「赤字覚悟でがんばります!音楽で紫波町を元気づけたい」と、どこか献身的な感じですが、彼らの演奏には本当にいつも驚かされます。我々スタッフも全力でこのイベントをサポートしています。

とっても元気な若者たちですので、図書館内にも少~し音が響くかも知れません。その節は大きな心で見守ってやってくださいませ。といいますか、どんな風なのか一度覗いてみていただければ幸いです。 by yassy

<< 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 >> 45ページ中38ページ目